焦るVS急ぐ

IMG_1589「焦る」と「急ぐ」の違いって
意識したことあります??

ミライの目標やゴールが上手く作用してると、
適度な緊張感・アドレナリンで
「急ぐ」ことが出来る。

これは前を向いて
自分の意志で追いかけてる感じ♪

ところが、期限に追われるあまり
ヤバイ感に苛まれてくると、
「焦る」感じになってくる。

思うように進めていない感から
追い立てられてる感じ↓↓

これらはあくまで
主観的な感覚の違い◎

感覚の違いやから、
自分で感覚を変えて

ゴール・期限からの逆算でなく、
今この瞬間からのゼロベースでの
積み上げとして意識できると、
「焦る」から「急ぐ」に変えられる時もある。

ちなみに私は
基本的にはどんな窮地に立っても、
「焦る」ことなく「急ぐ」タイプで、

たとえば遅刻しても
「あちゃ~。。さて、
今からどうやって急ぐかな~」
って感じやったんですが、

銀行員時代は、先輩や上司、
そして「半沢直樹」でも取り上げられていた、
「1度キズがつくと昇進コースから外れる」
キャリア観によって
思いっきり焦ってました。

「アカン!14時までのシステム記帳間に合わな、
金融事故になる!
そしたら自分の銀行員人生にキズいって…」
って感じで。

最終的には周りが何言おうがキャリアにキズつこうが、
今できることを積み重ねるしかないと割り切って、
「焦る」ことなく、「急ぐ」自分で
仕事が進められるようになりました◎

こうして自分のステート(=感覚)を切り替えられれば
いいのですが、
それが無理な場合は
いっそゴール設定を変えてしまうのも手。

ミライ(ゴール)を描いたり妄想するのは
あくまで、イマをワクワクさせたり、
充実させるためのもの。

理想のミライや、
ミライへのコミット感は大切やし、

ミライに花咲く種は
イマしかまかれへんけど、

だからといって、イマがミライの奴隷に
なってしまうのは本末転倒。

いつでも自分が生きてるのは
イマここなのでございます(^^)


「焦るVS急ぐ」への2件のフィードバック

  1. 初めてコメントさせていただきます。
    まだ義務教育中の子供2人がいる状況の中で昨年独立し、1200万の借金を抱えて会社を始めようと動いています。

    とある環境に置かれる方が、ある意味必需品的になるその物をネット通販で購入する前と後で、色々な悩みが発生していることを知り、その悩みを解決出来る内容を思い付き、独立しました。

    まだ世の中にないものや見せ方や表現を作らなければならないので、準備期間はそれなりにかかるだろうと考えていました。

    しかし、当初の考えが甘く、スタート予定よりも半年以上経った今(会社を設立してから1年が経った今)でもまだ準備が終わらない状況です。

    そんな「焦り」の中で昨年12月に商品の発注をしてしまったため、肝心の商品自体が思わしくない状態で入荷してしまいました。

    結果、そろそろスタート出来そうなところまではきているんですが、肝心の商品がそのような状態なので、商品の修理をしなければならなくなりました。
    しかし、修理が綺麗に出来るのかという内容も出てきたり、でも、修理しないとお客さんの悩みを解決出来るものとは言えなかったり、でもでも、修理には時間がかかるため、借金抱えてる中の身のため早くスタートさせるには、まずはその内容で売れる方法を考えてみようかと思うけど、やっぱりその内容でお客さんに売るということは許せない自分がいたり。。

    「焦らない、焦らない、、、」と思っても、やはり焦りが先にきてしまい、冷静な判断が出来ていない状況がずっと続いています。

    「焦らず、急ぐ」ということをずっと思いながらやってきたつもりだったんですが、振り返ると全て「焦り」で動いていたように思います。

    最近ではそこから抜け出せなかったため、ネットで「焦り 急ぎ 違い」などを検索してみて自分を振り返ろうと思って見ていたら、このブログを見つけました。
    「なるほど。。。」と思いました。

    が、この焦りが果たして「急ぎ」に変えることが出来るのかがまだ分かりません(^ω^;)

    とにかく少しでも早くスタートをして、売り上げを出せるようにならないと、、、

    でも、売り上げを出すにはお客さんに納得してもらえる内容でないと、、、

    でも、納得してもらえる最低限の理想を揃えるにはまだもう少し時間がかかる、、、

    でも、売り上げを出さないと家庭もあるし借金はあるし、、、

    グルグルグルグルしています。。
    このブログを見返しながら、
    焦らず、冷静になれるよう頑張ろうと思いました。

    ダラダラな内容になってしまいすみませんでした(*´・人・*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>