ryusuke-okada のすべての投稿

億劫で面倒

E10E4647-06BA-4DA4-B1E3-48F95E0DEBEE
自由なライフスタイル送りたい!
自分だから選ばれるビジネスがしたい!
私塾を開きたい!
 
なるほど、そしたら、
「週にどれぐらい
どんな活動する?」
「コンテンツは?」
「期間と価格は?」
「どんな参加者が
どんな状態で現れて
最終的にどうなる?」

…etc
 
自分が心底
「うぉ!それ欲しい!」と
ココロ動く程度には
欲しい形を自分の内面で
しっかり描けてへんと、
現状維持を捨ててまで
そこに近付く努力なんて
せぇへんよね。

多くの人が
ここのプロセスで
心折れる。
 
目の前の忙しい日々にかまけ、
人生の自動操縦を止め
欲しいものに一途になれるよう
心の勢力図を整える努力を怠る。
 
そもそも自分の望む形を
妄想すらしないし、
 
それが描けても
Aを求める気持ちは
BやCを求める気持ちと
ブツかって相殺、
結局今選んでる選択に戻る。
  
自分が「自然に選ぶ」ものと
「本当は選びたい」ものでバトり、
心の勢力図を変えようと
したりはしない。
 
そうした面倒な作業を避ける。
 
すると、既存の職業から
選ぶしかなかったり
成功した人のやり方を
踏襲するしかなかったり、
 
強い動機もないけど
比較的自由に稼げる
やり方を真似るしか
「好きなことで稼ぐ」なんて
実現せぇへんって信念で
生きてしまう。
 
違うでしょ。
自分が心底「それ欲しい!」
とココロ動く形を見出す
努力諦めてるだけやん。
 
その努力、
メチャクチャ
億劫で面倒ですから。
 
でも、諦めずに
それ続ける人だけが
手に入れられんねやから。
 
そんな大人の部活動に
心惹かれる仲間達と
切磋琢磨し合っております。


表参道と長靴

CEA28441-AC03-48C6-9AB9-F28B65446345
たけやんのドリーマーズ
ジャーニーでセミナー後、
表参道のメイン通りでダベッてたら、
行き交う人と目がチラチラ合う。

昨日は表参道で
ファッションナイトアウト。
美男美女とチラチラ目が合う。

ん?ん?
俺が魅力的やから
目が合うってか〜?(^^)

…はい。
そりゃそんなオシャレな
祭典の街中で長靴履いて
濡れた傘広げて乾かして
話し込んでる人いたら、
見ちゃいますよね〜( ̄▽ ̄)

祭典終わってたけど
せっかくやから会場前で
記念写真〜♪


自分以上に自分を大切にする関わり

行き先や行き方が
ハッキリして、
それに関連した
他の気になることも
一つ一つ納得感を作れた♪
 
「これならやれそう!」
とAさんが言ったとしても、
 
自分がAさんとして
生きてみた場合に
「あれ?◎◎は大丈夫?」
って感じることがある。
 
そしてそれを
Aさんに問うてみると、
「たしかに!自分の特徴を
踏まえると、
それも倒しとかなきゃな
テーマですね◎」
となることがある。
 
これが我々の大切にしてる
「自分以上に自分を
大切にする関わり」。
 
本人以上に
本人を大切にしてくれる
安心感があるからこそ、
誰にも言えないホンネや、
 
本人の中にある、
本人も試したことのない
別の自分の意見を
試しに採用して検証してみたり
することができる。


瞑想?!

自分の考えてること
感じてることを
キャッチする力は
鍛え続けないと
ドンドン低下していく。
 
ワークショップで
考えてる/感じてることを
徹底的にフセンに書き出す
ワークをやると、
 
中々何も書けなかったり、
「何も考えてない」と
解釈する人が一定数いる。
 
そんな、多くの瞑想探究者が
入りたくても入れない
思考を受け流す無の境地(瞑想状態)
に至ってる人などレアだ。
 
本当は、物凄い勢いで
たくさんの思考が移ろいだり、
多くのことが同時多発的に発火して
打ち消し合って何もないかのように
感じてしまってるに過ぎない。


やりたいことから遠ざかる人生

Aさんは自分が本当に
やりたいと感じることが
まだ仕事として認知されておらず、
類似職種はあっても完全には
自分にフィットしない形でしか
成り立っておらず、
途方に暮れていた。
 
Bさんは漠然と
人と関わる仕事をしたいとは思いつつ、
さらなる具体的なこだわりや
大切にしたいエッセンスが何か
まだまだボヤけていた。
 
Cさんはやりたいことは明確だけど、
いくつかの望み同士が互いに
ブツかりあっていて、
動きたくても動けない日々。
 
これらのいずれの場合も
自分の内側で起きていることを
徹底的に拾いながら、
自分の望み同士をバトらせ、
納得いく形へ整えない限り、
次なる展開は生まれにくい。
 
でも、それはとても億劫で
根気のいる取組なので、
多くの人は避けたがる。
 
仮にその努力を続けたとしても
今までの自分のやり方で
思考・感情・信念を上手く
整えることが出来なかったわけで、
何度試みても新たな打開策が見えず、
諦めてしまう人が多い。
 
そうして諦めた人から
自分が心底やりたいことから
遠ざかる人生になっていく。
 
特に、
「とにかく稼ぐ」
「人から評価される」
「ミライのために準備する」
ことを最重視すると、
 
本来、内面を整えて
「欲しいものに一途」になることで
自分が成し得た理想の生き方から
容易に人は遠ざかる。
 


34歳の誕生日

036C62B9-0790-4EB8-99EC-A216DF0612C0
34歳の誕生日は
家族で淡路島に海水浴♪
 
34歳は
「動きながら考える度up」
「気楽にご縁に乗っかる」
「使命/チャレンジ/ミニマム
ライフスタイルの使い分け」
「豊かさ/イケてる感に
浸りながら日々を過ごす」
一年にします◎
(自分への備忘録)
 
大きめのチャレンジやと、
ココロ動かす自分MTG続けて
着々と心の準備を進めてきた
「タレント/youtuberチャレンジ」も
始動させます♪
 
P.S.浮き輪に突っ込む
チャレンジはビビったので
近々リベンジ!


独立して7年

2CD1A31E-6981-44EE-8E88-9C10B99C1082
昨日で独立してちょうど7年間が終了。
今回もミライの自分の為に
振返り記事をば。
 
5年間の振返り記事が既にあるので、
ここ2年間についての振返り◎
 
・プルデンシャル生命さんやグロービス経営大学院さんでセミナー
・2週に一度ドライブで自分を満たす習慣(今は週1)
・週2回アクロバ練、初めて外で前宙
・1年間向き合い続けてようやくオンラインサロン始動
・初めて最高体重57kgを超えるも親知らず抜いて元通り
・ド真ん中の活動をウチカツと命名
・お金の面で最大の苦境に陥って徹底的に自分責め、泣く泣くお金で仲間を頼ることに
・「独自の番組やりたい!」夢もようやく必要回数を満たし、仲間と試し撮りする所まで
・人を魅了するモードに入った時限定で、「美女ほどモテる?!」セルフイメージが強くなりつつある
・自分達のド真ん中の活動を伝えたい気持ちがありつつ、「分かりやすく伝わらないなら出さない」「何を有料/無料で出すかの迷い」でFB発信は減少
 
俺がイマ全力で世に届けようとしてるのは
フセンとコミュニケーションを駆使して、
「本当に欲しいものを心底欲しいと思えるよう」
「内面を整え変化をつくる」ウチカツ。
 
その良さを味わった人からは絶賛され、
15年間悩まされたパニック障害が
ものの20分弱で快方に向かったり、
 
理想の人と付き合い出したり、
先延ばしにしてた別れに踏み切ったり、
より良いパートナーシップのために
ざわつくけど踏み込む擦り合わせしたり、
 
やりたいことをやるつなぎの仕事で
自由かつ少ない労働時間で高収入を得て
やりたいことの準備を進めたり。
 
枚挙にいとまがないほど
各自の望む劇的な変化が生まれつつも、
体験しないと分かり辛い取組ゆえに
ウチカツの良さをいかに伝えるかに
腐心した2年間やったな◎
 
ウチカツ/youtuber/冠番組MC…
俺の本当にやりたいこと、
チャレンジをやり切る事前準備が
あと一歩というところまできてて、
誕生日の8/13までに皆様に
何らかの報告ができるよう
日々精進して参りたいと思てマス♪


人間の心はどこにある?

哲学の授業で
「人間の心はどこにありますか」
という問いに対して、
 
頭とか心臓ではなく、
「自分の中にはない。
自分という容器の外に
漏れ出てるもの」と回答した
元大学受験の教え子。
 
「心は自分だけでなく、
環境や周りの心によって
影響し合うから」
という理由らしいけど、
いや〜やっぱ哲学する人間やなと。
 
現在絶賛就活中なんやけど、
以前からその独特な着眼点が
チラホラ発揮されてて、
哲学・心理学は彼が
自己表現するツールとしてピッタリで、
 
さらにその稀有な深め力が
自然と発揮されてしまう
テーマのジャンルを自覚し、
「人の日常に役立てるには?」
って観点も交えて深める
経験を積んでいけば、
 
ライターやコラムニストとして、
「自分が表現したもので人の役に立つ」
(彼の大切な幸せの定義の一つ)
人生も目指していけるんやないかと、
王道の就活に並行して企み中♪
 
と、教え子に負けぬよう、
同じく稀有な深め力で
「ならでは」のブッ飛んだ
人生戦略を練っていく
元先生でありました(-▽-)


分からないことを分からないと言う勇気

paypalの決済システムについて質問があり、
カスタマーサポートに連絡すると
まだ日本語の発音に慣れてない女性担当者。
 
発音は拙いけど発言を聞き返すこともなく、
内容はすぐ理解してる様子を見ると、
賢いんやろな〜とか思いつつ。
 
で、質問内容を理解しやすいよう、
色々条件も伝えて質問するも、
どうも時折この担当者の
私見が入っている印象。
 
正確な情報を理解せず、
即答せなという意識から
言い切ってる感。
 
納得のいかない回答が
いくつも積み重なってきたので、
仕方なく上司に確認してもらう。
 
すると、これまでの回答内容が
くつがえり始める。。
 
それまでは何とか
自力で言い切ろうとしてた彼女も、
一度上司に確認し始めてからは
分からない所は何度も確認するように。
 
「うんうん、そうやって
少しずつ自分が最後の回答責任
負える領域が増えてくねん」
とか思いつつ、
 

「俺はこの電話、誰のために
やってんねやろか?」
とか感じたりもしたけど、
 
「分からないことは
すぐ確認して勉強してく姿勢で、
大変やろうけど頑張って下さい。」
と爽やかに電話を終える。
 
仕事への取り組み姿勢を
再考してもらう爽やかな時間に
かかった電話料金1,840円。。
 
途中で何度も上司確認の
保留タイムあったし、
こうなるよね〜(T▽T)
  
というわけで、お客さんから
分からない質問を受けたら
「確認させて下さい」と言う勇気
&勉強させてもらう姿勢で
取り組むの大切〜!


うん一つでこんなに奥深い?!

46988F52-A1C5-486D-A201-0E2CEAA40ECC
調和が取れた聴き方と
そこから外れた聴き方、
ほんの少しタイミングや
トーンがズレるだけで

相手が自分のテーマに
没頭できる度合いは
大きく変化する。
 
これ、
言うは易し、
行うは難し。
 
ってなわけで俺が自ら
違いが分かるように
見本を実践。
 
すると本当に目の前の人の
話の展開の仕方や
話すスピード、
俺を見て話すか
自分事に没頭するか
如実に違いが出るのを見て
みんなが驚嘆(^^) 

その後みんなにも、
実践し合ってもらう。
 
実践してみると、
今まで何気なく自然に行ってた
頷きやリアクションが
ドンドン意識されてきて
ぎこちなくなる。
 
そうやって一旦は
ぎこちなくなりつつ、
ANTENNAを鋭敏にし、
違いの分かる状態にする。

 
こうして「無意識有能」から
「意識無能(ここがぎこちない)」、
「意識有能」へと
手順を踏んでいく◎
 
意識有能を経てない無意識有能は
不調の時に再現性がないし、
人に解説したりシェアが出来ない。
 

だから、こうやって、
違いを意識して、
自分でも実践してみて、
「気になってしまう」
状態を作る。
 
で、これは本当に入門のワークで、
本質は自分の信念とか
世界観を取り扱っていくことが大切。
 
専門用語だらけの話をされたら?
難しそうな夢を語られたら?
死にたいと言われたら? 
自分と相容れない考えを言われたら?
 
頷き一つとっても、
自分自身の信念や世界観が
如実に現れてしまう。
 
そんなことを皆で
探究し続け合うからこそ、
本当に「互いの”自分”を大切にし合える」
関係性や、関係性の深め方が
育っていく。
  
今日も「自分を専攻する
大人の大学(愛称:珍獣園)」では
本質的なトレーニングしてまっす♪