カテゴリー別アーカイブ: 徒然草

自分以上に自分を大切にする関わり

行き先や行き方が
ハッキリして、
それに関連した
他の気になることも
一つ一つ納得感を作れた♪
 
「これならやれそう!」
とAさんが言ったとしても、
 
自分がAさんとして
生きてみた場合に
「あれ?◎◎は大丈夫?」
って感じることがある。
 
そしてそれを
Aさんに問うてみると、
「たしかに!自分の特徴を
踏まえると、
それも倒しとかなきゃな
テーマですね◎」
となることがある。
 
これが我々の大切にしてる
「自分以上に自分を
大切にする関わり」。
 
本人以上に
本人を大切にしてくれる
安心感があるからこそ、
誰にも言えないホンネや、
 
本人の中にある、
本人も試したことのない
別の自分の意見を
試しに採用して検証してみたり
することができる。


瞑想?!

自分の考えてること
感じてることを
キャッチする力は
鍛え続けないと
ドンドン低下していく。
 
ワークショップで
考えてる/感じてることを
徹底的にフセンに書き出す
ワークをやると、
 
中々何も書けなかったり、
「何も考えてない」と
解釈する人が一定数いる。
 
そんな、多くの瞑想探究者が
入りたくても入れない
思考を受け流す無の境地(瞑想状態)
に至ってる人などレアだ。
 
本当は、物凄い勢いで
たくさんの思考が移ろいだり、
多くのことが同時多発的に発火して
打ち消し合って何もないかのように
感じてしまってるに過ぎない。


やりたいことから遠ざかる人生

Aさんは自分が本当に
やりたいと感じることが
まだ仕事として認知されておらず、
類似職種はあっても完全には
自分にフィットしない形でしか
成り立っておらず、
途方に暮れていた。
 
Bさんは漠然と
人と関わる仕事をしたいとは思いつつ、
さらなる具体的なこだわりや
大切にしたいエッセンスが何か
まだまだボヤけていた。
 
Cさんはやりたいことは明確だけど、
いくつかの望み同士が互いに
ブツかりあっていて、
動きたくても動けない日々。
 
これらのいずれの場合も
自分の内側で起きていることを
徹底的に拾いながら、
自分の望み同士をバトらせ、
納得いく形へ整えない限り、
次なる展開は生まれにくい。
 
でも、それはとても億劫で
根気のいる取組なので、
多くの人は避けたがる。
 
仮にその努力を続けたとしても
今までの自分のやり方で
思考・感情・信念を上手く
整えることが出来なかったわけで、
何度試みても新たな打開策が見えず、
諦めてしまう人が多い。
 
そうして諦めた人から
自分が心底やりたいことから
遠ざかる人生になっていく。
 
特に、
「とにかく稼ぐ」
「人から評価される」
「ミライのために準備する」
ことを最重視すると、
 
本来、内面を整えて
「欲しいものに一途」になることで
自分が成し得た理想の生き方から
容易に人は遠ざかる。
 


34歳の誕生日

036C62B9-0790-4EB8-99EC-A216DF0612C0
34歳の誕生日は
家族で淡路島に海水浴♪
 
34歳は
「動きながら考える度up」
「気楽にご縁に乗っかる」
「使命/チャレンジ/ミニマム
ライフスタイルの使い分け」
「豊かさ/イケてる感に
浸りながら日々を過ごす」
一年にします◎
(自分への備忘録)
 
大きめのチャレンジやと、
ココロ動かす自分MTG続けて
着々と心の準備を進めてきた
「タレント/youtuberチャレンジ」も
始動させます♪
 
P.S.浮き輪に突っ込む
チャレンジはビビったので
近々リベンジ!


人間の心はどこにある?

哲学の授業で
「人間の心はどこにありますか」
という問いに対して、
 
頭とか心臓ではなく、
「自分の中にはない。
自分という容器の外に
漏れ出てるもの」と回答した
元大学受験の教え子。
 
「心は自分だけでなく、
環境や周りの心によって
影響し合うから」
という理由らしいけど、
いや〜やっぱ哲学する人間やなと。
 
現在絶賛就活中なんやけど、
以前からその独特な着眼点が
チラホラ発揮されてて、
哲学・心理学は彼が
自己表現するツールとしてピッタリで、
 
さらにその稀有な深め力が
自然と発揮されてしまう
テーマのジャンルを自覚し、
「人の日常に役立てるには?」
って観点も交えて深める
経験を積んでいけば、
 
ライターやコラムニストとして、
「自分が表現したもので人の役に立つ」
(彼の大切な幸せの定義の一つ)
人生も目指していけるんやないかと、
王道の就活に並行して企み中♪
 
と、教え子に負けぬよう、
同じく稀有な深め力で
「ならでは」のブッ飛んだ
人生戦略を練っていく
元先生でありました(-▽-)


分からないことを分からないと言う勇気

paypalの決済システムについて質問があり、
カスタマーサポートに連絡すると
まだ日本語の発音に慣れてない女性担当者。
 
発音は拙いけど発言を聞き返すこともなく、
内容はすぐ理解してる様子を見ると、
賢いんやろな〜とか思いつつ。
 
で、質問内容を理解しやすいよう、
色々条件も伝えて質問するも、
どうも時折この担当者の
私見が入っている印象。
 
正確な情報を理解せず、
即答せなという意識から
言い切ってる感。
 
納得のいかない回答が
いくつも積み重なってきたので、
仕方なく上司に確認してもらう。
 
すると、これまでの回答内容が
くつがえり始める。。
 
それまでは何とか
自力で言い切ろうとしてた彼女も、
一度上司に確認し始めてからは
分からない所は何度も確認するように。
 
「うんうん、そうやって
少しずつ自分が最後の回答責任
負える領域が増えてくねん」
とか思いつつ、
 

「俺はこの電話、誰のために
やってんねやろか?」
とか感じたりもしたけど、
 
「分からないことは
すぐ確認して勉強してく姿勢で、
大変やろうけど頑張って下さい。」
と爽やかに電話を終える。
 
仕事への取り組み姿勢を
再考してもらう爽やかな時間に
かかった電話料金1,840円。。
 
途中で何度も上司確認の
保留タイムあったし、
こうなるよね〜(T▽T)
  
というわけで、お客さんから
分からない質問を受けたら
「確認させて下さい」と言う勇気
&勉強させてもらう姿勢で
取り組むの大切〜!


優雅に衝突

8284A784-7CFC-4E12-8C58-4E64B31AB444
身近にある価値あるものって
評価しなくなりがち。
 
家から5分の所にある
東郷神社のカフェ。
 
土日に人で溢れかえる
表参道・原宿にあって
都会の喧騒から離れられる
最良のウチカツ場所。
 
出不精なワタクシめは
近くにある良いスポットを
あんま活用できてへんことが多い。
 
一年間遊びを控えて猛勉強、
偏差値40から阪大に合格して、
「よし!思いっきり遊ぶぞ」と
大学からバイクで30分程の
USJの年間パス買ったら、
結局1回しか使わんかった(-▽-)
 
浦安に住んでた時も
家の前のバスに乗って10分で
ディズニーにいけるのを喜んでたのに、
1〜2回しか行ってへんかったような(-▽-)
 
手に入れてるものって
あんま評価せぇへんくなるのが
人間の常。
 
「掴み取る幸せ」に加えて、
意識的に「気づく幸せ」を
噛み締めるトレーニング続けよっと◎

9D14ED72-6CD5-45A1-855F-B44E7CB10B96

…な〜んて優雅なひとときを過ごしたあと、
支払いすべくテラス席から屋内へ。
 
窓ガラス避けて中に入ろうとしたら
「ガンっ!!!」
 
いや、ここ窓あるやん。。
 
窓ないモンやと思て
勢い良く中に飛び入ったもんやから、
「えっ!暴動?!」ってぐらい
大きな物音に店内の人も
俺を注視してる( ̄▽ ̄)
 
頭と右膝がジンジン、
右手親指が内出血してるけど、
痛みをこらえつつ会計を済ませ、
お店を後にする。
 
「ん?俺ってこんなドジ
する人やったっけ?」と
自分に対する基本的な
セルフイメージが揺らぎ始める。

自分の意思で進んで
窓ガラスに衝突するなんて
これまで一度も経験したことないし。
 
そういや最近、
柔軟しまくって可動域広がってたり、
アクロバで今まで絶対に
オッケーせんかった動き試してんのも
影響してんのかな。
 
慣れ親しんだいつもの領域を離れ
新たなチャレンジをしてくと
いつもの感覚もドンドン変化し、
時には今まで出来てたことが、
出来なくなったりする。

…な〜んて、もっともらしい解釈で
投稿ネタに昇華したけど、
ドジって体も心も痛かったって話( ̄▽ ̄)


ウン千万の借金

今や複数の事業を経営していて、
バリバリ稼いでる人のエピソードに、
過去に「ウン千万の借金!」、
「億単位の負債!」抱えて苦労したって
話がよく登場するんやけど、
いや、その時点で並外れてるよなと。
 
だって、まずそんな金額になるまで、
お金を借り続けてまでも、
自分から何か仕掛けようとする
精神があったってことやし、
 
何よりそれだけのお金を借りられるだけの
社会的証明なり担保なり
実績なり期待なりが無ければ
誰もそんなに貸してはくれない。
 
例外はあるにせよ、
為すべくして成したんやろなって
感じる◎


沖縄に自分の店を持つ夢

IMG_4571
表参道の某有名レストランで
ホールリーダーを務めていた彼。
 
俺もよくお店使ってて、
「あの店員さんよく場を見てるし、
人対人のコミュニケーション取るな」と
仲良くなってくうちに、ひょんなご縁から
ウチカツしてもらうことに。
 
次のキャリアを考えてた彼は
持ち前の愛されキャラで色んな人から
声がかかっていたものの、
フセン使ってウチカツしてもらった結果、
沖縄に自分の店を持つ夢が再燃!
 
ウチカツは「心の声を聴いて活かす」
取組なので、彼が本当に重視したかった
「沖縄に店を持ちたい!」気持ちやアイデアが
ドンドン膨らんでいくわけですよ♪
 
そしたらなんと!
1ヶ月後には沖縄に動きを作りに行き、
数ヶ月後には沖縄の高級ホテルへ内定!
 
自分で店を出すための
武者修行&人脈作りを
開始し出す激動ぶり。。
 
あれから一年、
すっかり沖縄に馴染んだ彼が
今日のウチカツで向き合ったのは、
「高級ホテル修行を何年続けるか」
「お店を出す具体的な道筋」。
 
自分の中に出てきた心の声を
バトらせる感覚も掴んでいて、
あっさり納得感ある答えに◎
また短期間で色々動くんやろな〜♪
 
イケメンでスタイルも良く
それでいて人たらしな彼、
仕事を優先して先延ばしになりがちな
「いつ結婚するか?」にも向き合い、
納得感あるタイミングが見えてほっこり♪
 
誰もが日常的にやってる
自分とのコミュニケーションの取り方に
いくつかの「ウチカツの秘訣」を加えることで
他の誰でもない”自分の”人生が
みるみる展開してってしまう◎
 
着実にウチカツ仲間を増やしていきます♪


ふと独自のサービスが見える♪

IMG_4460
「ウチカツし続けると
ずっと無理だと思ってたことが
ドンドン進んでいくね」
 
少数精鋭コミュニティ
「自分を専攻する大人の大学」に参加してる
某大手外資コンサルの今日の一言。
 
医薬とITを掛け算にした
独自のサービスを打ち出す夢に向けて
希望の光が見えてきた♪
 
「全くやれるイメージが湧かない」
という状態から
「あれ?これをやってけば出来るかも」
という感覚に変わり始めたら
しめたもの。
 
「イメージが湧かない」「難しい」
という心の声(考/感)自体を
しっかりと扱っていくからこそ、
 
「やりたい!でも…」となるものほど
ウチカツは真価を発揮する。
また一つ信念を強化してもらいました(^^)
 
写真は
「風俗嬢が自分を大切に人モテする」
生き方について熱弁する元No.1風俗嬢が、
ホワイトボードに夢中なうちに
ふざけたショットを撮る俺の図。