コンプレックスは天職になる

DSCF0013
こういうアーティスティックな写真は
撮られるのも人に見せるのも苦手感がある。。
(実際、寝起きの盗撮byさとぼう)

おそらく、俗にいうコンプレックス(専門的には
劣等感コンプレックス)を抱いてんねやと思う。

私が内なる情熱に基づいてモデルに挑戦したのは
人前でもっともっと表現したい本当のありたい姿に
馴染もうとしてるからなんやと思う◎

「コンプレックスは天職になる」が私の持論。

コンプレックスを抱くものに対しては、
人生を通して自分の意識・フォーカスが何度も奪われ続ける。

つまり、それだけそのコンプレックスを抱くものにまつわる
情報・スキルを蓄える機会と
高感度のANTENNAが自分に備わっているということ。

これを上手く昇華出来ると、
「自分の見た目を神経質なほど気にしていた人が、
美容の世界で活躍する」といった形で自己実現が完成する◎

私が自分の2014年を「パフォーマー元年」とテーマ付けたのは、
「心のブレーキ(コンプレックス)とガッツリ向き合い切って、
ミュージシャンとして、芸人として、MC・司会者として、
講師・ファシリテーターとして、もの書きとして、
人前で自分が本当に表現したいキャラ全開のパフォーマー像として
生き始める」決意を抱いているから。

誰だって心のブレーキはいくつも持っている。

ブレーキを解くことにばかり時間を費やすのはバカげてるから、
自分が本当の自分らしく生きるために、
必要なブレーキだけ、しっかり向き合って、
解(ほど)けば良い。

そして、向き合おうとするその時は、
“感”情が“動”いて人生が変わるプロセスに精通した、
感動デザイナー岡田に寄り添わせて欲しい。

一人で向き合うのが怖くても、
感動デザイナーと一緒なら、絶対迷わないから。

岡田は会ったことも無い人とFacebookでつながらないので、
この文を読んでいるあなたは知人なわけで、
そんな縁ある人が
その人らしい人生を生きるべく、
自分と向き合う伴走者として岡田を頼ってくれたら、
メッチャ嬉しい♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>