中学生モデル

カフェに着いたら
隣の隣に座ってた
中学生ぐらいのモデルちゃんが
こっちをじっと見つめながら
自分の荷物をどけて
席を広く空けてくれた。
 
俺の仲間が取った席が気に入らず、
俺は窓に近い位置に移動したくて
立ったままやり取りしてたら、
自分の横のスペースを
大きく空けてくれた良い子♪

反射で「ありがとう」は
言えたんやけど、
その後、空けてもらった
スペースに座らず、
(窓際に移動しようか迷ってた)
 
なんとなく目線感じつつも、
合わせることもなく、
ホンマはその子の向かいに座ってた
お母さんと思しき人に
 
「いや〜良い娘さんですね」
ぐらいのこと言いたかったのに
それも言えず終い。。
 
どうして「ありたい自分」として
いられなかったか自分MTG。
 
もう一つ。
 
一時間ぐらい経った時、
奥の隅っこの席に
新たに座ったお姉さんが
「すみません」と呼んでも
店員さんは気付かず、
 
俺がじっと店員さん達を
見つめながら
手を挙げて呼ぶ方は
対応できた。
 
こっちは「ありたい自分」
としていられたんやけど、
 
その後お姉さんが
「ありがとうございます」
って言ってくれた後、
なんか妙にドギマギしてて、
 
こん時の自分に
何が起きてたか
自分MTG。
 
日々ちょっとした瞬間瞬間で
ありたい自分を実践し続ける!
今日の俺の
「ホンマはもっと!」
チャレンジ報告でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>